アメリカ横断2人旅

結婚記念にNY→LAをレンタカーで横断した2人の旅日記

準備編② レンタカーと免許証

 

レンタカーを借りる

さて、ルートを決めつつもレンタカーの準備へ。

車社会のアメリカなのでレンタカー会社も多い。どこがいいのか悩んだら、まずはおおまかな予算を知るところから始めよう。

 

使ってみた料金比較サイト

http://www.rentalcars.com/ja/country/us/

 

初めてアメリカで車を運転するビギナーな私たち。安心を買う意味でも大手のレンタカー会社に決定。

あとはスタート、ゴール地点に近い営業所に絞っていけばいい。我々はHERTZさんにした。

 

 

車種は?

長距離ドライブで気になるのは快適さと燃費。ネット情報やガイドブックなどを見ても、おすすめ車種はフルサイズ以上とある。

このクラス以上の車種を選んでおけば間違いなし。私たちも出発の1カ月ほど前にフルサイズの車を予約。ところが・・・。

 

 

事件発生!

実際にレンタカー店に車を受け取りに行ったところ、「フルサイズはないので一つ下のクラスにした」と店員がまさかの一言。当日予約したのなら仕方がないが、いまになってなぜ?

「ヘイ、こっちは1カ月も前に予約してるんだ。ふざけるな!ドン!!」とカウンターを叩いて抗議しようかと思ったけれど、英語でそんな文句も出ず。

車種変更による料金など、早口の説明を聞きとるのに精いっぱい。

結局、フルサイズの一つ下のインターメディエートクラスになり、トヨタカローラを借りる。

結果から言えば、オートクルーズ機能もあり、燃費もよく、快適なドライブだった。2人でアメリカ横断するなら特に支障はなかった。

下は我々の愛車。

 

f:id:ff_galene:20160507223450j:plain

 

それでも車種にこだわる人は

「どうしてもアメ車に乗りたい!」などこだわりがある人は予約後、直接レンタカー店に電話やメールで車種を確認をした方がよいかもしれない。

どこで借り出すのかも重要だと感じた。我々はニュージャージーの中心部にあるレンタカー店で借り、ロサンゼルス空港で返却。

当たり前のことだが、街なかのレンタカー店と主要空港のレンタカー店とでは規模が全然違う。ロスの空港には数え切れないぐらいの車が並んでいた。なので、車を借り出すときは、空港にあるレンタカー店で借りれば車種も豊富なのかもしれない。(ただし、料金に空港税などが加算される可能性もあり)

 

 

保険やオプション

レンタカーを借りるときの保険。異国の地での運転なので、なるべく心配は減らしておきたい。我々は迷わずフルパッケージの保険を選んだ。

ちょっとした事故で楽しい旅行が台無しになるのも嫌なので。

さらに、HERTZの場合は、「NEVERLOST」なるカーナビもオプションで付けられる。料金は1日ごとの課金なので、2週間近くの旅になるとそこそこ高くなるのが難点。

最近では、スマホをナビ代わりにも使えるので、「わざわざ高いお金を払ってナビを付けなくても」という考え方もある。実際、レンタカーを借りる前にネットを調べていると、「NEVERLOSTは使いにくい」などの指摘もあった。

ただ、我々は迷った末に借りることにした。

結論は正解だった。都市部は確かにスマホがナビ代わりにもなったが、中西部などの大平原では圏外でスマホが使えず。それでも、ナビはけなげに仕事を続けてくれた。

ロスなど複雑に入り組む高速道路でも的確にインターチェンジの乗り降りを指示してくれた(何回か間違えてしまったけれど・・・)。

不安な方はナビを付けることをおすすめします。

 

 

国際免許証

何はともあれ、免許証がないと運転できないし、車も借りられない。

住んでいる地域によって取得場所はさまざまだが、運転免許センターなどで即日発行。30分もかからなかった。ただ、簡単に取得できると思っていると、ついつい後回しになりがち。出発直前になってから焦らないためにも、余裕を持って入手したい。

 

f:id:ff_galene:20160507225649j:plain

 

 

ちなみに携帯電話も

アメリカでの携帯電話をどうするか。携帯をレンタルしたり、または携帯は持たずにwifiをレンタルしてネットだけ使うなど、いろんな方法がありそう。

でも、事故や故障でレンタカー会社や警察に緊急連絡する事態が発生したとき、LINEなどのアプリだと通話はできない(どっちみち圏外だと携帯も使えないのだけれど・・・)。

なので、我々は携帯通話も確保しつつ、ネットも使えるようにプリペイド式のsimカードを事前購入した。

テザリングをすれば、車内でPCやiPadなんかも使えるので便利。ただし、simフリーの携帯でないと使えないので、携帯がsimロックされている場合は要注意です。

 

www.amazon.co.jp

 

 

さぁ、旅に出よう!

ここまで、ホテル予約やレンタカーなど旅の準備を記してきた。横断にかかる費用はおおよそどのぐらいか。参考までに、私たちの今回の旅の諸費用は最後の記事でまとめようと思います。

すべての準備が整ったら、あとはアメリカに旅立つだけ!

いざ行かん!!

 

と、心はすでに大陸を横断していた我々だったが、アメリカはまたしても新たな難題をぶつけてくるのであった・・・。(なお)

 

準備編②はおしまい。

準備編③「 ESTAが取れない!?」に続く。

準備編③ ESTAが取れない!? - アメリカ横断2人旅